TA05

【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑩(終)

TA07ベース車もメカ類を積んでバンパーを搭載して,一応完成した…!
メカの取回しまで楽だった.とりあえず,当初の「とにかくメンテが楽な車」というのは,達成できたのだと思う.
180511_TA07GL_01
180511_TA07GL_02


180511_TA07GL_04

純正のTA07と比べて,スパー(駆動プーリ)を反転させたレイアウトで,ギリギリまでバッテリーがセンターに寄っている.アウターローターモータにロープロサーボで,スリム.TA05ベース車に比べても,わずかにスリムだ.
180511_TA07GL_05

高さでいうと…アッパーデッキやスパーの取り付け位置が高い.まあ,でも十分低重心に見える.写真では見えないけど,デフの搭載位置がTA05ベース車よりも2mmちょい高い.これがどれだけ走りに影響するかはわからないけど.
180511_TA07GL_06
180511_TA07GL_07

ダンパーのみCVAスーパーミニなのも,TA05ベース車と同じ.
180511_TA07GL_08
180511_TA07GL_09

気になる車重は…921g!!…思った以上に軽い.TA05ベース車より20gも軽い…この差はどこから来るのだろう…シャーシはほぼ同じ面積で,メカ類は同じなので…バルクが軽いのか…
180511_TA07GL_10

TA05ベース車(右)とTA07ベース車(左).また2台も作ってしまった.いつ試運転できるだろう…よし試運転したとして,その後月に1度も走らせられないな…
180511_TA07GL_11
180511_TA07GL_12
180511_TA07GL_13

5月13日ラジ天にて,思い切って試運転を実施した.「よく曲がるし巻かない」という意味では,これまでの自作車の中で一番運転しやすい.前後スルスルのギヤデフTA07ベース車よりは,前後ボールデフのTA05ベース車の方が運転しやすかった気がする.ただ,時間がたつにつれタイヤのグリップがあがり(上級者クラスのグリップ剤の影響か…),オーバースピードで簡単に横転するようになった.まあ,重心が高いワーゲンボディだからある程度は仕方ない.フロントリバウンドはほとんどゼロにしているので,こうなるとタイヤのグリップを落とすか,トーアウトきつめにして十分減速するか,かなあ…後日Tamtaで試運転を実施した.こちらのコースの方がコンパクトでグリップも低めだった.TA05ベースはとても走らせ易かった.…スピードオーバーにさえ気を付ければ.いかんせんドライバーが下手すぎるorz…TA07ベースはフロントをダイレクトカップリングに換装したけど,舵を切った方向にグイグイ引っ張られるのか,ハンドリングがシビア過ぎて扱いづらかった.セッティングが固まってないところで,クラッシュでナックルのキングピン付け根部分が折れてしまった.まあ,自作部品が無事だから新品補充すればいいだけだが.
いずれにせよ,シャーシ側に余裕がありそうで,気楽に走らせるにはいい車が出来たんだと思おう.

「メンテしやすい4WDのL寸の自作車があればいいんじゃね」なんて構想から始まった今回の製作.ガンベ脚を使ってみたり,TA05ベースで設計が終わった直後にTA07ベース車の構想を得たり,TA05ベース車の設計図がもったいないから両方作ってみたり…迷走しまくった3か月だった.結果は…まあ,いい車が出来たと思いたい.今度こそ,しばらく新しい自作車を作ることはないだろう.これまで作った自作シャーシも飽和気味だし,維持しきれない(S寸の自作車は4WD車を残してほぼ解体,非稼働だし).頻度はわからないけど,L寸の自作車をメインに,フラッと走らせて楽しみたい.

【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑨

TA05ベース車を一気にくみ上げた.予備品,追加部品の製作がいくつか必要だけど,とりあえず…完成だ!ウレタンバンパーもワーゲンボディに合わせて作成して組みつけた.構想から3か月,意外と短期間での製作だったな…

取りあえず写真撮影.ちなみに,KV3350のアウターローターモータにギヤ比4.2:1なので,LiFeバッテリー&直径55mmの小径タイヤとはいえ,自分には扱いきれないほどの最高速が出そうな予感.まずは送信機側で最高速を抑えるか…
180506_TA05GL_01
180506_TA05GL_02

L寸で低重心コンセプト…見た目はハイエンドツーリングに見えなくもない.
180506_TA05GL_03
180506_TA05GL_04

上からみた写真.バッテリーは後輪に寄せて,バッテリー側に受信機を設置.アンプ,アウターローターモータ,サーボをそれぞれなるべく密集させて配置,マスの集中と,前後輪(左右とも)の重心バランスに留意した.前後重量比は45:55程度,左右のアンバランスはほとんどない(はず).
ただし,昨年製作したFF03ベースのMR車(L寸)に比べて,ウレタンバンパーが小さくなってしまった.衝突には注意したい.特に前輪をぶつけると,フロントストラットのアッパーデッキあたりが吹き飛びそう…これは出来れば予備品を作っておきたいところだ.
180506_TA05GL_05
180506_TA05GL_06

TA05ベースで,スパーもアッパーデッキもギリギリまで低い.ここまでくると,ストラットのキングピンをガイドするアッパーデッキの高さが却って気になる…ような気分.
180506_TA05GL_07
180506_TA05GL_08

今回は,これまで作ってきた自作車の中でも初めてガンベイドのストラットサスを流用した.バネは純正品を使い,ダンパーのみ,これまでの自作車との部品の共通化のため,CVAスーパーミニを使用.
180506_TA05GL_09
180506_TA05GL_10

気になる車重は…ボディなしで940g.ギヤデフに比べれば若干軽量なTA06フロント用ボールデフを前後に装備したとはいえ,同じメカ構成のTA05ベース車(S寸)も940gだったな…モーターマウントの自作や,アッパーデッキの構造の見直しetcで,意外と軽い.
180506_TA05GL_11


近日中にTA07ベース車を完成させなくては…普段使いなら明らかにTA07ベース車の方がよさそうだけど(メンテがとても楽なように設計したし)…明らかにTA05ベース車の方が走りそうなんだよなあ…

【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑧

TA05ベースも,ようやく本組に入った.

まずはパワーソース…
アウターロータタイプでKV3250,トルクは…使用感でいうとスポーツチューンよりも太いくらい.
180430_TA05GL_00

モーターの重さは,自作のアダプター含めて80gちょっとかな.
180430_TA05GL_01

さっそく組んだ.とりあえず前後はTA06のボールデフ+37Tのプーリ.TA06のボールデフはTRF417と同じなのか,適当に組んでもスルッスルだ.プレート磨きも不要.個人的には,磨かなくてもソコソコの性能を長く保つロバストなデフの方がありがたい.
180430_TA05GL_02


180430_TA05GL_03


180430_TA05GL_04


180430_TA05GL_05

ストラットのアッパーデッキを取り付けるとこんな感じ.
180430_TA05GL_06


180430_TA05GL_07

【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑥

TA05ベースは,ベルトを手配できたので,仮組を進めている.
前側363mm,後ろ側291mmのベルトでFix.
180405_TA05ML_01

左前から見てみる.…いい感じ(自己満足).
180405_TA05ML_02

左後ろから見てみる.これもいい感じ(自己満足…).シンプルな構造で,競技用のハイエンドカーみたい.
180405_TA05ML_03

ベルトやバルクとの干渉の有無を見るために,ステアリングリンクも仮組した.
…意外と,ロッドとバルクとの干渉が厳しい…ワイパーはM05用Optionのアルミワイパー流用だが,リンクはピロボールの取り付け位置を若干変更したうえで再製作が必要かも.
180405_TA05ML_04

横から見て気付くのは,TA05ベース車がやたら低重心設計なことだ.スパーの取り付け位置はシャーシ底面から19mm(TA07ベースは27mm).スパーと前後のギヤデフプーリ(写真はボールデフだったりするが)の取り付け位置が同じ高さなわけか…
同じくシャーシ底面から見たアッパーデッキ取り付け位置は,前後のデッキは23mm,中央(スパーを跨ぎ,かつバッテリーホルダーを兼ねるデッキ)は25mm…ハイエンドカーかそれ以下に低い…
果たして低重心のTA05ベースと,バッテリーとモーターをよりセンターに寄せたTA07ベース…どちらが走らせ易いのかしら…まあ…シャーシ側を頑張って低重心化させても,乗せるボディは腰高のフォルクスワーゲンビートルなわけだけどさ.

180405_TA05ML_05


思いもがけず,連休後に製作の時間が取れることになった.5月中に2台とも完成させたい.
また,TA05ベースは,スクエアのアルミバルクも手に入れた.
スパー→TA05ver2,バルク→スクエアTA05VDF,デフ→TA06ボールデフ@37Tプーリ,サスアーム→ガンベイド…もはや訳の分からんシャーシだけど…まあいいよね.アルミバルクは…試運転して一定水準以上走ることが出来るようにセットが出てから導入した方がいいかも.高かったし,もう手に入らないし.
しかしまあ…タイトル画像のシャーシも,今やすべて非稼働か…更新しないといかんな…

【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)④

TA05ベースも同時に切り出したので,同様に仮組.

まずはモーター&スパーマウントから.
180317TA05_02
180317TA05_01

垂直も出てるし,悪くない精度だ.

メインシャーシ,アッパーデッキ,バルクを仮組.
これも取り付けが渋い部品はなく,穴あけの位置決めは成功したと言っていい.
180317TA05_03
180317TA05_04
180317TA05_05

まだベルトが手元にないので,今日はここまで.
あと仮組で確認したいのは,ベルトとアッパーデッキとの干渉.設計ではこれもギリギリ大丈夫のはず(抜け漏れに気付いたのは昨日のこと,ベルトとの干渉を防ぐようにアッパーデッキの形状を変更して作ったけど…どうなるやら)
それと,ステアワイパーとバルク・ベルトとの干渉.これも心配になってきた.

めいいっぱい好きなように時間を使えるのは今日まで.
あとはゆっくり仮組・本組か…



ギャラリー
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ