自作Mシャーシ(MR,M・L寸)

【製作】自作Mシャーシ⑤(MR,M・L寸)

フォルクスワーゲンビートルのボディ用にウレタンバンパーをカットして取り付け,ボディポストもつけて…シャーシ側は一応「走れる」状態になった.思ったより早くできた.

RIMG1080

こうしてみると,やはりミッドシップリア駆動,重量物のほとんどがシャーシ中央から後半寄りに密集している.後輪のグリップが稼げれば,きっと速いんだろうな.そのグリップを稼ぐのが問題なわけだろうけど.
RIMG1079

気になる車重も測定してみた.540サイズのモーター搭載時に1009 g…一応想定内の車重かな.まだ軽量化の余地はあるけど,軽くした結果走りにくくなる可能性もあるし,とりあえずはこんなもんでしょう.
RIMG1087

あとは…ボディに色付けして,年明けに試運転すればいい.Mシャーシで初めてのミッドシップ後輪駆動,L寸…果たしてどんな走りになるかね.

【製作】自作Mシャーシ④(MR,M・L寸)

細かい調整は必要だが,あらかたシャーシが出来上がった.
フロントはM04金バネの超ソフト仕様+ゼロリバウンド,
リヤはロングソフトバネの”だらだら脚”だ.
これはM06(自作RR車)で一番走りやすかったセットを参考にしている.

RIMG1092
フロントのキャンバー,アッカーマンは別途調整が必要そう.
写真からはわからないが,前後荷重比は設計通り,およそ4:6に落ち着いた.
RIMG1094

パワーソースも仮決めだが,GTチューンをハイギヤード(4.2:1,シャーシ側で設定できる最大)で使用.スピード出さないのでノーマルモーターでもいいくらいかも.
RIMG1081

その他メカ類は全てメインシャーシに貼り付けの,意外と重心の低いスタイルとなっている.
車重はちょうど1000g,これまで使用したアウターローターモータを使うなら,900gぐらいに収まるので,自作RR車よりも若干重たいくらい.ロングホイールベースの割には軽い方かも.
RIMG1088

あとは,下記製作&調整予定.うまく行けば年明けには試運転できそう.しかし一番寒い季節に後輪駆動車だと,かなり走りづらいのかもしれないな…orz
・フォルクスワーゲンビートルのボディ作製
・ウレタンバンパー作製,取り付け
・アッカーマン,サーボリンクの調整
・試運転&サスセッティング出し

【製作】自作Mシャーシ③(MR,M・L寸)

さて,部品をどんどん組む.
まずはバンパーマウント.これまで製作したシャーシと同様,ポリカ板でバンパーマウントを製作し,ジュラルミン板で作ったシャーシガードをメネジスペーサとM3皿ねじで固定する.

RIMG1075

バンパーマウントをセパレートサスマウントと皿ねじで,メインシャーシに固定する.
ついでにサーボ,バッテリーホルダーも仮組みする.
RIMG1078

シャーシ前側のアッパーデッキと,ステアリングワイパーを仮組みする.
ステアリングワイパーはM05用のアルミステアと,カーボン製自作リンクを併用する.
RIMG1079

アッパーデッキとモータープレート(ギヤケース)を組み付ける.
方眼紙をはがしてから組んでみたら,取付穴の位置ずれはほとんどないことが分かった.
取りあえず部品の再製作は不要と判断する.
RIMG1082


【製作】自作Mシャーシ②(MR,M・L寸)

切り出したメインシャーシとギヤケース類を仮組した.
メインシャーシはギヤケース取り付け位置以外肉抜きが一切ない構造.製作が楽で助かる.
アッパーデッキは前後2分割,前側のシャーシガードは3mm厚のジュラルミン板,前端の小部品(バンパーの取り付けを兼ねる)は2mm厚のポリカ板で製作した.構造はいたってシンプルで,剛性はかなりのもの.

RIMG1094

アッパーデッキとギヤケースのジョイントの取り付けが渋い.穴あけ精度が0.2~0.3mm程度ずれているのだろうか…でも組んでみると,ゆがみは確認できない…ちょっと気持ち悪い.この部品だけなら再製作すればいい気もする.ざっと+1時間くらいか.

RIMG1089

部品の再製作が出来るのは,次は1月の予定.今は製作済みの部品をどんどん組んで,不具合を洗い出した方が得策かもしれない.

RIMG1105




【製作】自作Mシャーシ①(MR,M・L寸)

製作に取り掛かった.家に一人でいられる限られた時間で,一気に作る.
今回は5日ほど一人の時間があったので,急ピッチで製作した.

一番難しいのはモータープレートだ.
3mm厚のジュラルミン板に穴あけを施し,モーター取り付け位置,スパー取り付け位置をそれぞれ直径13mm程度まで,ハンドリーマで広げる.しかしジュラルミン板は普通のアルミ板よりもキリコが固めで,むしろ加工しやすい.
RIMG1076

穴あけが済んだら,バンドソーで切り出し.
RIMG1078

ギヤケースと合わせて仮組.加工精度に問題なさそうなら,カーボン板から別途切り出したメインシャーシと組み付ける.ちなみにモーター中心と取り付けねじの部分が半円状になっているのは,軽量化の観点というよりは加工しやすさを優先したためだ.卓上フライスでもあれば,もっと加工自由度は上がるだろうが,そこまで投資できない.

RIMG1082
ギャラリー
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑥
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑥
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑥
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑥
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑥
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑤
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑤
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑤
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑤
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ