自作Mシャーシ(FF, M寸)

自作Mシャーシ(FF)製作録⑤~ステアリングワイパー~

いつも苦労するのは製作手順のなかでも…

⑤ステアリング回り設計(ダイレクトまたはステアリングワイパー、アッカーマンに注意)

これだ。

FF車でバッテリーを縦置き(左右対称)に決めうちにすると、
サーボはバッテリー前に押し込むか、バッテリー横にするか、になる。
バッテリー前に押し込むと、ダイレクトサーボという選択肢もある。
でもそれだと、バンプステアが気になる気もするし、
何よりFFでそういうシャーシあった気がする。

でもFF03みたいな、サーボをシャーシ片側に配置するレイアウトだと、
反対側にアンプと受信機が来て、これはホイールベースの短いMシャーシにはちょっとねえ…

タミヤ RCC カストロール Honda シビックVti (FF-03) 58467 (1/10 電動RCカーシリーズ No.467)/送料込!
タミヤ RCC カストロール Honda シビックVti (FF-03) 58467 (1/10 電動RCカーシリーズ No.467)/送料込!

というわけで、サーボはバッテリーの前、かつステアワイパーを自作することにした。
図面は詳細設計で掲載しよう。。まあ、完成イメージはブログトップのFFシャーシだし、いっか…??

自作Mシャーシ(FF)製作録④

サスアームなど諸々決まったら…

④ラフ設計

これをやる.FFではこれもかなりつらい.
とりあえずフロントオーバーハング周りを右車軸側から見たラフ図をアップしてみる.

RIMG0708

赤いポチがFF03用モータープレートのねじ穴に相当する.
ちょうどメインシャーシの直情に厚さ2mmのカーボン板が設置される位置取りになっている.
これで,ブレーキ時の沈み込みでも路面との干渉がだいぶん抑えられる.
(FF04ほどモータを持ち上げる必要はそもそもない)
代わりにシャーシを保護するアルミ部品を二つも作らないといけない.
これは面倒だ…やったけど.

でもオーバーハング分が車軸から70mmもあり,ボディが極端に限定されそうな…
あと,ローハイトサーボもメインシャーシに穴をあけ,ぎりぎり低い位置に搭載するが,
ステアワイパーの設計とか大変.

…今見ても結構考えられたレイアウトだ.
でも余裕がない設計はやっぱり壊れやすいよな…

自作Mシャーシ(FF)製作録③

ギヤケースの選定と並行して行うのは…

③サスアーム選定

…これだ。タミヤのMシャーシといえば、極端に短いサスアーム…
なるべくこれを使いたくない!
でも他社製のミニ用ロングスパンアームは強度や部品供給に難が…

というわけで、
・ツーリングタイヤを前提にショートリバサスを使用
・ミニ用小径タイヤを前提にサスアームを自作
…この両者を両立させる設計にした(本当ショートリバサス専用設計だったが…)。

ショートリバサスを使う場合、車両の全幅が広めになってしまうので、
オフセット0,幅24mmのタイヤに限定される。それでも全幅168mm…厳しいなあ…

とりあえず脚回りとギヤケースが固まったので、詳細設計を行う材料は「一応」揃った。
やっとスタートラインだ。

自作Mシャーシ(FF)製作録②

レイアウトとホイールベースが決まったら次は…

②ギヤケース選定

である。

ろくに市販キットのシャーシを買ったことがないため、とりあえずタミヤの組説を眺める。
こういう時組説がホームページで見られるのはとっても便利。

候補は下記3点と思った。
・FF03用ギヤケース
・FF04用ギヤケース
・TA06用ギヤケース

TA06用はカバー周りの構造がよくわからなかったし、もともとベルト駆動用のプーリが前提だから…パス。

FF04用はすごく良いけど、個人的にはモーターがそこまで持ち上がってる必要性を感じない…

というわけで、FF03用を前提に設計する。

しかしこのギヤケース回り(フロントオーバーハング)の余裕がないことが設計を非常に困難にする。
アウトボードサスはギヤカバーまたはフロントタイヤ(舵をきったとき)に干渉する。
また、そもそもオーバーハングがボディに干渉する。

設計結果は後日アップしよう。。
この難しさこそが、楽しさでもあるのだ。



自作Mシャーシ(FF)製作録①

さて、最初に書いた通り、自作Mシャーシ(FF)を作るにあたって、まずは…

①レイアウト、ホイールベース決定

これを決める。

レイアウトはとしてのこだわりは次の通りとした。
・フロントオーバーハングにモータ搭載
・バッテリー縦置き
・左右完全シンメトリーのシャーシ構造

これを満たそうとすると、どうしてもS寸は不可能となる。
というわけで、M寸で妥協する。

また、できればタミヤのM車脚(やけに短いサスアーム)は使いたくないので、
ツーリングタイヤを前提として、ショートリバサスの使用を視野に入れる。

…となると、タミヤボディは厳しいので、ライドのBRZを使用することになる。
まあ、後で小径タイヤに対応させるため、サスアームを自作したけど、それはまた別の話。。

と、こうした思考過程で設計を始めた。
しかし寸法が厳しく、設計のやり直しの連続…

完成までの道のりは遠かった。。。
ギャラリー
  • 【製作】自作Mシャーシ②(MR,M・L寸)
  • 【製作】自作Mシャーシ②(MR,M・L寸)
  • 【製作】自作Mシャーシ②(MR,M・L寸)
  •  【製作】自作Mシャーシ①(MR,M・L寸)
  •  【製作】自作Mシャーシ①(MR,M・L寸)
  •  【製作】自作Mシャーシ①(MR,M・L寸)
  • 【構想】自作Mシャーシ⑦(MR,M・L寸)
  • 【構想】自作Mシャーシ⑥(MR,M・L寸)
  • シャーシ少改造
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ