RCカー

【構想】自作Mシャーシ(DD,L寸)①

ダイレクトドライブで自作シャーシを作ることを構想し,TRF103,TRF102,F104ver2,F103GT,F103GT-mini,F103,TRG114,M300GT等,各社のDD車の情報を集めてみた.次いで,部品を集めながら,仕様を考えてみた.

まず,ツーリングか,Mシャーシか…タイヤの選択肢や空力ボディ,ロングホイールベースによる走りやすさ的にはツーリングだろうけど,どうしても「一回り小さいMシャーシ」に後ろ髪をひかれる…それにボディの予備もあるし…いっそL寸にして,すでに製作済みのMR車に対してどこまで「走りやすく」できるか煮詰めるのも悪くない,と思うようになった.

…なら,トラクションを稼ぐためにバッテリーは横置きがいい.それと,TRF102のモータープレートを試しに発注してみたけど,これならモーターとバッテリーをかなりギリギリまで近づけることができそう.

あとはリンクサスっぽくして,なるべくトラクションを稼ぎたいところ(というより,Tバータイプよりは機構的にそっちの方がかっこいい).でも,バッテリー横置き&リンクで,リンクをバッテリーより後ろに配置すると,リンク周りがスパーと干渉する…
…なら,TRF103のロール制御用スプリングの箇所を固定キングピンにして,「復元力」と,「ロール&ピッチ以外の動きの拘束」の2役を負わせてみようか.

というところで,徐々にシャーシの構成が固まってきた.
①シャーシはL寸のMシャーシとする
②TRF102のモータープレートを使用,バッテリー横置きとし,なるべくリヤのトラクションを稼ぐ
③リヤサスのロールの減衰はCVAダンパー×2とする
④リヤサスのロールの復元力はTRF103のような「ミドルデッキとロワブレース間に設置するロールスプリング」で得る構造にする
⑤ロワブレースについて,ピッチとロール以外の拘束は,リンクではなく,ミドルデッキに固定したキングピンで行う(ストラットサスのように)
⑥フロントサスはTRG114のようなロッドエンドを用いたリンク式とし,キャスターとキャンバーの調整が可能な構造にする
⑦その他設計は可能な限りメンテナンス性に配慮したものとする(ダンパーの取り外しが容易であること,フロントの車高調整が容易であること等)

というわけで,流用品は以下の通り.
・F103GT(リヤホイールストッパー),F103GT-mini(リヤホイールストッパー,フロントナックル),F104(デフ),TRF102(モーターマウント)

ラフ図を描き進めているけど,以前製作したMR車よりもモーターとバッテリーがリヤ寄りになり,トラクションは悪くなさそう(リヤシャフトから105mm以内にモーターとバッテリーが収められている…ということは,S寸でも結構リヤ荷重よさそう).これまでの自作車の中では一番の低重心で,マスが集中している構造だけど…なかなか変態な構造だ…全貌が描けたらアップしよう.





【構想】自作DDカー

Direct Drive…子供のころからこの駆動方式のRCカーには惹かれるものがあった.なぜって…動力伝達系としては究極にシンプルだから.なのでF103GTを購入したけど,知識も技もなかったから「走らせるのが難しい…」で終わってしまった.
ところで,最近F1のニュースが気になる.もちろんトロロッソ・ホンダだ.このチーム,ドライバーの奮闘ぶりを応援しながら,「F1かっこいいなあ,やっぱり」なんて思っている.F1といえば,RCカーでいえば昔からの憧れのDDカー…自作も運転も多少経験を積んだ今ならマシなクルマを作れるのではなかろうか…そんな風に思うのだ.
さて,DDカーが難しい理由を考察すると…
①リヤ駆動:リヤグリップを稼がないと走らない.リヤのトラクション抜けを防ぐためにもシャーシの低重心化が必須(あるいはロングホイールベースである方がよい).
②リヤトーインなし!
③独特なサスペンション,グリップを稼ぐのが大変.
…うん,上記3つかな,大きいのは.これらを勘案して自作車に落とし込むなら…

①リンク式のリヤサス(TRF103みたいなヤツ)
②F103みたいなバッテリ横置き(トラクション稼ぐため,でもリンク式とどう共存させようか…)
③ロングホイールベース(少なくともMシャーシは厳しそう…あるいはL寸なら何とかなるか…)
④540サイズのモーター前提

…だろうな.F1シャーシそものもで作るのもいいけど,ぶつけたら壊れるようなクルマはつらい.まだフロントバンパーが厚くできるツーリングなら,作ってみたい気もする…

【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④

TA07ベースのS寸4WD車も,いよいよ仕上げだ.
まず,バッテリー側に受信機を据え付けるため,配線回しに一工夫.
ピン端子にクリップの切れ端をはんだ付けして…

180802_01

エポキシで固めて受信機に設置.これで,受信機にコネクタを接続する箇所を省スペースにできる.
180802_02

受信機はバッテリーの後ろの狭いスペースに設置した.大電流が流れるバッテリーに近接していることは,もしかしたら危ないのかもしれないけど,経験上暴走したことはないし,良しとしよう.だめならサーボの上にでも貼り付けることにする.
180802_03

ダンパーマウント,バンパーを取り付けて…一応…完成!
やはりS寸だと「Mシャーシ作ってるぜ!」的な謎の満足感がある...
また,TRF419xのアルミバルクを使ったせいか,見た目がハイエンドっぽい.…贅沢なことだ.
180802_04
180802_05
180802_06

上から見ると…スリム!個人的には設計に大満足.
180802_07

TA07ベース4WD車(L寸)のときは,デフの取り付け位置が高くてドライブシャフトが「ハノ字」になっていたが,今回はデフの取り付け位置がギリギリまで低いので,ほぼまっすぐに見える.これもお気に入り.
180802_08
180802_09

気になる車重は…920g!!も少し軽くなるかとも思ったけど,アルミバルクに,ステンレスねじを多用したこともあるので…まあこんなものか.
180802_10

予備品入手が困難なTRF419xのバルクを使ってることや,そもそもS寸で荷重移動が急峻で運転が難しいことが推定されることから,基本ローギヤードでゆっくり走らせることとする.今週末にでも試運転に行きますかね.ちゃんと走るといいな…!

その後TamTamで試運転を行った.ピーキーでどうにもリヤのグリップが流れ気味…
リヤのバネが柔らかすぎたので一段階固くし,荷重移動による姿勢変化を穏やかにするため,フロントのダンパーも少し硬めに変更した(CVA一つ穴+1000番).また,ダントツで走らせ易いTA05ベース車(L寸)と同じセッティングとするべく,リヤにボールデフを入れて,トーインとネガティブキャンバーをだいぶきつめにして安定方向に振った.結果,まあまあ走らせやくなったと思う(ホイールベースが短い分,高速安定性が劣るのは仕方ない).あとはドライバーの腕的にスピードを上げるとコントロールできなくなるが…それは多分に練習不足,というところだろう.全体的にはいい車が出来た…と思う!

【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)③

いよいよ大詰め.どんどん組んでいく.

180731_01

アライメント調整はまだしていない.とりあえず部品を組んで,干渉等がないか確認する.
ほとんどの部品は,取り付けが渋いこともなく,これまでの自作車の中では一番加工精度がよさそう.
ただし,ダンパーステーのみ再設計・製作が必要そうorz
180731_04
180731_03

自己満足shot!!
前作同様,一番こだわったベルトの取回し.S寸に放り込むにあたり,本当にギリギリの綱渡り設計…
ただ,シャーシ非解体でのスパー交換も,低重心も実現できて,個人的には大満足…!
180731_02
180731_05

【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)②

”低重心化”にこだわりたいと思ったので,モータープレートを作り直した.
スパー,テンションプーリともに取り付け位置を下げた.
180730_01

180730_02

ベルトの取回しを確認するとこんな感じ.…低い!低重心にこだわったTA05ベース車とほとんど同じレベルにまでできたと思う.この辺はTRF419xのバルクを用いた最大の恩恵だろう.さすがハイエンド…
ベルトの曲げが多いので,駆動抵抗が大きいだろうと予想していたけど,意外とそんなに駆動は重くなさそう.嬉しい誤算だ.
180730_03
180730_04
180730_05
ギャラリー
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ