一気に図面を描く。

振り返りだが、今回の コンセプトは「走らせやすい」「省メンテ」
で、こだわるのは下記4項目だ。
1.低重心
2.ロングホイールベース(L寸)
3.タミヤM脚より長いサスアーム(ガンベのストラットサスに決定)
4.部品交換がなるべく容易な構造

この「4.部品交換が容易な構造」 について、TA07ベースで設計することで、更に下記3項目を実現出来るようにこだわった。

1.シャーシ非解体ででスパーギヤ交換可能であること
2.アッパーデッキを取り外すことなくベルト交換可能なこと 
3.サーボ交換が容易なこと(なるべくネジ2本外せば良いように)

考えてみれば、前作の自作4WD車(S寸) が、スパー交換もベルト交換もサーボ交換も面倒過ぎる構造だったのが、今回の自作の1番のモチベーションだ。たぶん、ベルト4WDで、今回の設計以上に部品交換が容易な構造は、なかなかないと思う。
製作は来週。一気に作れるといいが…焦るとろくなことがないのもまた事実。。。 そして図面をアップ出来るチャンスが来ない。。。