サスアームの選定として,BD7mini脚を使うことを候補(というより前提)に考え,さっそくサスアームを手配してみた.

…思ったより強度がない.とくにフロント側は,外力をかけたら簡単に歪むレベル.…しまった.むかしTA05miniコンバージョンのサスアームを手配して,強度が全然ないから,サスアームを自作した経緯を忘れていた.これは困った.

同じタイミングで,「ガンベ脚」での自作のリクエストを戴いた.こんなメモ書きのような,方眼紙ベースの手作りシャーシのブログにリクエストを戴けるとは,とても嬉しい.

もともとはガンベ脚を使うならS寸で,と考えていたわけだが,件のBD7mini脚が使えないとなると…真剣に考えてみたくなった.

製作難易度としては,キングピンをガイドするアッパーデッキ.まあ,できなくはない気もする.ただ,メンテ省力化や部品共通化を図るなら,CVAダンパーは使いたいところ…

ん,アッパーデッキのキングピンガイドをキングピンごと形状変更して(部品の仮組テストでは,摺動抵抗に問題なし),ナックル直上のスプリングは未使用(取り付けず),代わりにダンパー取り付け位置にCVAダンパーを持ってくればいいんじゃないか?

というわけで,ガンベイド脚をベースとして設計すべく,ガンベイドのサスアームを追加で発注した。うまくいけば,キングピンの摺動部を支えるアッパーデッキは,通常のダンパーマウントと同じ構造に出来るはず.もう少し構想を練ってみることにしよう…