【構想】自作Mシャーシ⑦(MR,M・L寸)

詳細設計が固まって,一応の設計図らしきものが完成した.

コンセプトはこれまで記載してきた通りで,ラフ設計図を見ながら,穴あけ位置や寸法等を細かく詰めた図面が出来た.追加で描いたのは,フォルクスワーゲンビートルのボディラインに合わせたウレタンバンパーの形状くらいかな.

あとは,モータープレートの形状を小変更したくらいか.今回はこれをFF03のギヤケースに合わせて製作することになり,手持ちの設備と自分のスキルを鑑みると,この部品の製作難易度が異様に高い.

あとやるべきことがあるとすれば,サーボあたりのアッカーマンの設計かな.なにも考えなければ,タミヤのサーボセイバーをそのまま使えばいいけど,アッカーマンを変更するなら,サーボセーバーに取り付ける冶具を追加で作る必要があり,これはリンクの軌跡を考えた設計が必要だろうな.まあ,自作RR車でいくつか作ってあるので,エイヤで流用してもいいけど.

それにしても,後輪駆動車は設計が楽で,製作する部品がA3一枚にすべて描けるから楽だ.ギヤケース,モーター,バッテリーの重量物が車両後半部に集約されたレイアウトは,やっぱりカッコイイ.走らせ易いかは別として.
いつも通りのポリカ型を11月に集中製作,シャシそのものは,早くて1月に集中製作かな.ちゃんと作れるといいけど...
171022詳細設計01

【構想】自作Mシャーシ⑥(MR,M・L寸)

MR車のラフ設計とコンセプトが概ね固まった.
設計していて気付いたけど,一番最初に自作したのもMR車だった.あれからいくつかシャーシを設計して,どれだけのものが作れるようになったのだろう…そういう意味では自分の成長が見られるかもしれない.

コンセプト:原点回帰
・L寸ベースの設計(M寸には変更可能)
・540サイズブラシモーター前提(リヤトラクションと低重心化のため)

まず「巻き」の原因になるリヤのトラクション不足は,単純にリヤ荷重を稼ぐしかない.モーターはリヤ寄りミッドシップなので,540サイズの重いモーターの方が良い(単にアウターロータ用のモーターアダプタが足りず,追加製作の予算は厳しい…).
ブレーキ時のフロントへの荷重移動とリヤトラクション抜けを物理的に考察すると,考えてみればホイールベースが長く,重心が低いほど荷重移動が少ない(トラクション抜けが起きにくい).シャーシが軽いほど,ボディ込での重心は高くなるので,シャーシが軽すぎるとリヤのトラクション抜けがしやすい.
となると,モーターは540サイズの方が走らせ易い可能性が高い.
まあ,一番最初に作ったシャーシもMR車で540サイズモーターだったから,原点回帰っぽくていいかなと.

ところで,FF03のギヤ周りの部品を追加発注していたけど,FF03そのものがマイナーで7年前?のシャーシなので,メーカサイドとしても再製作の予定がない部品もあるそうな.買えるものは買った方がいいな…

171007ラフ設計図

【構想】自作Mシャーシ⑤(MR,M・L寸)

自作MR車を作るため,ボディを先行手配した.

フォルクスワーゲン・ビートルとミニクーパーS2006,いずれもL寸のボディだ.
クラシカルないでたちがイカす!すでに生産停止,というのがもったいない.

家族がいてもボディ製作は出来るので,今後の製作手順としては…

・詳細設計
・部品手配
・ボディ製作

かなあ…
それと,メカ類をどうするか…アウターロータのモータ前提ならアンプを買わないといけない.ブラシモータで楽しむなら,その辺は不要だけど…540サイズのブラシモータ使えば重量配分問題も自動的に解決するけど,シンプルな車なのに重いのもなあ…アウターロータに比べると燃費悪いし.悩ましい…

【構想】自作Mシャーシ④(MR,M・L寸)

さて,自作のMR車の構想と基本設計が固まりつつあるが,ここで一度「リヤ荷重比率」をざっくり計算することにした.

タミヤM04の顕著だけれど,ミッドシップ後輪駆動はリヤ荷重が不足してトラクション抜け(最終的にはスピン)に繋がりやすい.M06やグースの場合は,モーターをリヤオーバーハングに搭載することでトラクションを稼いでいるわけだ.

今回の自作MR車も例に漏れずリヤ荷重が不足するのではないか…?
なので,設計段階で,リヤ荷重比率を計算することにした.

【前提条件】
自作RR車に搭載しているメカ類と同じものを用いることを仮定して,下記重量とした.

空車重量(モーター,バッテリー,メカ類なし)…450g
モーター…80g(アウターロータータイプ)
バッテリー…150g(イーグルLife)
アンプ…70g
受信機…20g
サーボ…30g

【計算結果】
自作RR車(S寸)…リヤ荷重0.61(実測とほぼ一致)
自作MR車(L寸)…リヤ荷重0.58


…微妙,だ….RR車で実測と計算結果がほぼ一致したので,計算手順は大丈夫そう.
L寸でリヤ荷重が0.58という数字が,十分か足りないか…よくわからない.

ちなみに本家のタミヤM06は空車重量が重いため,重いニッケル水素バッテリーを使用するとリヤ荷重が0.57程度と計算される(開発当初のタミヤ担当者も0.55程度と言っていた、らしい?).車両が重たいほど,モーターの位置によるリヤ荷重の大小の影響は鈍るもんな…
取りあえず車両前側を重点的に軽量化するしかないかなー…

【構想】自作Mシャーシ③(MR,M・L寸)

ラフ設計を終えて、MR車の方針が固まってきた。

脚回り…自作サスアーム+M05RaのCハブ等
ギヤケース…FF03,スパーカバー省略
ステアリング…ダイレクトサーボ
シャーシ…カーボンダブルデッキ,M寸L寸共用.S寸は自作RR車があるので,それでよしとする.

フロントサスはギリギリまで寝かせて、ステアリング入りのピークをなるべく立てない方針。
リヤのモータープレートがまだ方針が決まらない。一番いいのは、カーボンで自作することだけど、ちょっと製作難易度が高い。できれば適当なモータープレートを流用したい。

あと、「作る!」ことの動機となるように、ボディを先行手配することにした。フォルクスワーゲンビートルと、ミニクーパーS2006、いずれもL寸でフォルムが好みのやつ。重心が高めでシャーシの設計思想に反するけど、やっぱり好きなボディ載せたいし。いずれもすでに生産停止、再生産未定なのがなんとも…

詳細設計とボディ製作、部品手配は先行してできるので、メインシャーシの製作だけ、短期決戦でできるように、じっくり準備しなきゃ…!

しかしこの自作車、ベースがFF03だけど、なんて名前になるんだろう…M04改?でもM車の部品はM05系のナックルとCハブしか使わないし…うーん…
ギャラリー
  • 【構想】自作Mシャーシ(4WD,L寸)⑦~ストラットサスとレバー比に関する一考察~
  • 【構想】自作Mシャーシ(4WD,L寸)④
  • 【構想】自作Mシャーシ(4WD,L寸)④
  • 【構想】自作Mシャーシ(4WD,L寸)④
  • 【製作】自作Mシャーシ⑤(MR,M・L寸)
  • 【製作】自作Mシャーシ⑤(MR,M・L寸)
  • 【製作】自作Mシャーシ⑤(MR,M・L寸)
  • 【製作】自作Mシャーシ④(MR,M・L寸)
  • 【製作】自作Mシャーシ④(MR,M・L寸)
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ