自作Mシャーシ(RR)製作録④-2~ラフ設計~

ギヤケースより前側だけ設計すればいいので、設計はサクサク進む。

今回の追加のこだわりは、「左右対称」だ。
バッテリーとサーボが真ん中の配置なので、さして難しいことではない。
欠点といえば、ロープロサーボに限定されるくらいだけど、
前輪は駆動しないし、そんなにサーボのトルクも必要ないだろう。

あと、シンメトリーなシャーシは、片側だけの図面で十分なので楽々。
160907図面00

横からみた図。気が向いたら追記するけど、カーボンダブルデッキで、
シンプルながらとっても頑丈。
前輪側はスキッドをつけている。

160907図面01

作る部品がA3一枚で済むんだから、本当にシンプル。これで結構かっこいいのができるんだから、
やっぱり設計って重要。

自作Mシャーシ(RR)製作録④-1~ギヤサスマウント~

ギヤケース、サスアームが決まったら…

④ラフ設計(①で決めたレイアウトが成立するか?成立しないなら①を見直す)

これだ。

自作RR車はM06のギヤケースを使うと決めたので…
便利な部品を使う。

イーグル模型のM06GRT用の部品だ。
これを使うのはズルのような気もするが…いかんせん構造がシンプルになるので便利。
またM06のギヤケース、ねじが多いとか設計が悪いとか、いろんな評価があるけど、
個人的には悪くないと思う。

ギヤケース単体でごっそり外せるし、アイドラーギヤの交換も容易。
ちょっとうるさいのだけ我慢すれば十分。

160906M06部品00
160906M06部品01
160906M06部品02

とりあえず、この部品のおかげで後輪車軸より前の部分のみ設計すれば良くなる。
だいぶ楽だ。

OP.1268 M-06用 アルミモーターマウント【54268】 【税込】 タミヤ [T54268 OP1268 M06 モーターマウント]【返品種別B】【RCP】
OP.1268 M-06用 アルミモーターマウント【54268】 【税込】 タミヤ [T54268 OP1268 M06 モーターマウント]【返品種別B】【RCP】

【タミヤ】 SPパーツ SP.1434 M-06 D部品(ギヤケース) 【玩具:ラジコン:パーツ:外装パーツ】【SPパーツ】【TAMIYA】
【タミヤ】 SPパーツ SP.1434 M-06 D部品(ギヤケース) 【玩具:ラジコン:パーツ:外装パーツ】【SPパーツ】【TAMIYA】

【送料無料】 タミヤ 1/10 電動RCカーシリーズ No.486 アルファロメオ ジュリア スプリント GTA(M-06シャーシ)【M06】
【送料無料】 タミヤ 1/10 電動RCカーシリーズ No.486 アルファロメオ ジュリア スプリント GTA(M-06シャーシ)【M06】

自作Mシャーシ(4WD)製作記⑤-5~ステアリング周り~

設計したスライドステアだが、左にめいいっぱい舵を切ったときに、
サーボ~リンクのロッドとリンク~アップライトのロッド同士が干渉するため、
設計を小変更した。
160904リンク再設計_メモ


最大に舵をきったときに、サーボ~リンクのロッド(青点線)が、
リンク~アップライトのロッド(取り付け位置:図の青〇)に干渉しないように、
最低6mmのクリアランスを確保しないといけなかった。

やっぱり描かないとわからないものだ。
こういう作業が楽しいんだ。

自作Mシャーシ(4WD)製作記⑤-4~ステアリング周り~

さて、スライドステアの取り付け位置やねじ穴の微調整をするため、
簡単な計算を実行する。

下の絵がサーボとスライドステアの位置関係を書き出したもの。
この絵をもとに、ニュートラル状態でのサーボの角度や、
サーボとスライドリンクをつなぐロッドの取り付け位置を決める。


160903スライドステア07

具体的には初期状態のサーボ位置から、プラス側とマイナス側に同じだけサーボを駆動させたときに、
リンクの移動距離もプラス側とマイナス側とで等しくなるようにする。

エクセルでサクッと確認…
右側のグラフを確認しながら、プラス側とマイナス側のグラフ描画が重なるように、
左側の「適合値」を決定していく。
適合値のなかでも、オフセットや取り付け位置高さはほかの部品やねじ穴との干渉に気を付ける。

160903スライドステア04

…ということで、ロッド取り付け位置と、ロッド長さが決まった。
一応左右ムラなく舵をとれることが、計算では示された。

さて、これで大体のものは固まった。

作れるのはだいぶん先なので、ちょいちょい改良設計や修正があるだろうな。
また、工作精度が必要な部品も多い。

…本当にできるのか!!??

ちなみに、本工作以外でやりたいことは…

・自作Mシャーシ(FF)の分解、損品廃棄
・自作Mシャーシ(RR)メンテナンス(掃除、ギヤその他部品交換)
・M05製作(メーカシャーシも作ってみよう。結構面白い)

これを12月までにやるのか…

自作Mシャーシ(4WD)製作記⑤-3~ステアリング周り~

さて、受信機をシャーシ右側に押し込めるため、レイアウトを再考した。
といっても、手持ちの受信機(R152JE)をバッテリーの前か後ろに搭載するしかないのだが…

バッテリーと手持ちの受信機を配置してみると…
160903スライドステア00

160903スライドステア01


受信機とフロントバルクとの間は14mm程度しかない。
この隙間でステアリングリンクを押し込めるなら、
やはりジェネティックなどのような「スライドリンク」タイプしかないだろう。

とりあえずこの隙間で機構を実現するよう設計する。
横から見た断面図が下記イメージ。

160903スライドステア03

スライドリンクは厚さ3mmのアルミ帯とする。
あとはこの配置で、舵を切ったときのリンクの動きに、
左右でムラがないようにねじ穴位置等を微調整する。

かつ、これまで予定していたワイパータイプのステアリングも実装できるよう、
シャーシ側にはワイパー取り付け穴もあけておく。
スライドリンクがもし自作できなかった、あるいはレイアウトとして成立しなかったとしても、
ワイパータイプなら実績が十分にあって自作できることを確認しているからだ。

…続く。



ギャラリー
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
  • 【製作】自作Mシャーシ(4WD,S寸・改)④
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ