自作Mシャーシ(4WD)製作記④

さて、もろもろ使う部品が決まったら

④ラフ設計

これをやる.

TA07がモーター位置を選べるということなので,自作Mシャーシもモータ位置を2種類選べるようにした.
方眼紙に左右に二通り書いてみた.
RIMG0719


モータ中央よりは540サイズのモータを前提に,かつ等長ベルトで.
シャーシ左側(バッテリーと反対側)は,前から,
サーボ・モータ・アンプの順のレイアウトとする.
RIMG0721


モータ後方よりは小型アウターロータモータを前提に,
シャーシ左側(バッテリーと反対側)は,前から,
サーボ・アンプ・モータの順のレイアウトとする.
RIMG0730


基本アウターロータモータで軽量仕様で走らせたいので,
モータ後方よりのレイアウトがデフォになるかな.

しかし見てのとおり,全くレイアウトに余裕がない.
ステアリングやサスペンション周りとか,絶対に設計大変そう.
あとフロントバンパー…

さてどうなるかな.

自作Mシャーシ(4WD)製作記①②③

4WDのMシャーシの製作も,まずは…

①レイアウト、ホイールベース決定

これから決める。でも今回はそもそも構想のこだわりが
・バッテリー縦置き
・スリム
・S寸(アルピーヌとミニクーパー載せたい!)

なので,すでに決まったようなものだ.
メインシャーシはたぶんカーボン板(厚さ2.5 mm)、
アッパーデッキはカーボン板(厚さ2.0 mm)で作る。

②ギヤケース選定

これも,上記こだわりを満たすためTA05ver2のギヤ回りを使うので決定.

160826ギヤ周り


③サスアーム選定

これは選択の余地があるが,4WDで基本運転しやすいかと思ったので,
・タミヤのMシャーシ脚
・Yeah Racingのロングサスアーム
前提に設計することにした.

ここまで決まったので,ラフ設計までは考えることは少ない.
でも,ミニクーパーを載せるとなると,結構フロントバンパーの設計が難しい…
どれだけ薄くてもウレタンバンパーないと嫌だ.
あとステアリング回りか…

苦労する予感がこの段階でプンプンしていたのだ.



■OP1197 TA05 VER2 アルミモーターマウント OPパーツ 54197 タミヤ/TAMIYA
■OP1197 TA05 VER2 アルミモーターマウント OPパーツ 54197 タミヤ/TAMIYA

自作Mシャーシ(4WD)製作記00



4WDのMシャーシは現在進行形で製作中なので、微妙にタイトルを変えた。

製作手順はFFラジコンと同じ、下記のとおり。

⓪自作する動機付けの確認(こだわりは何か?)

①レイアウト、ホイールベース決定

②ギヤケース選定

③サスアーム選定

④ラフ設計(①で決めたレイアウトが成立するか?成立しないなら①を見直す)

⑤ステアリング回り設計(ダイレクトまたはステアリングワイパー、アッカーマンに注意)

⑥詳細設計(サスマウント、バンパー等)

⑦シャーシ製作用の型作り(ポリカ板にて)

⑧カーボン板穴あけ、切り出し

⑨アルミ製部品加工

⑩部品組み立て

⑪試運転

さて、なぜ「4WD」のMシャーシを作りたいと思ったか、だ。
4WDのミニといえば、タミヤ以外でTA05のコンバージョンやら、ジェネティックやら、いろいろある。
それでも自分で作りたいと思った動機は何か。

まず、自分はとっても「運転が下手」なので、イージーに走らせられそうな4WDが一台欲しくなった。
またFFはフロントバンパーが小さくてシャーシを壊す、RRはリアオーバーハングが大きくて、
ボディが限定される。やっぱりミッドシップモーターだとボディの選択肢も広いなあと。

で、自作するなら、メーカ製にはないオリジナリティって、何があるだろうか…
アイデアは…
(1)TA05ver2のギヤケースを使えば、スリムなシャーシができるかもしれない!
(2)TA05VDFのギヤ回りでいっそTA04っぽいMシャーシなら、左右のバランスが良い!

自分で決められない時は妻に決めてもらおう!
曰く「バッテリ縦置きでスリムな方がかっこいいよ」
というわけで、案(1)「スリムなバッテリ縦置きMシャーシ」、
という拘りで製作することにした。

ボディはアルピーヌかミニクーパーがいいだろう(既に入手困難)。
というわけで、設計を始めてから実はもう4か月。
ほぼ固まったが、製作できるのは12月過ぎか。
ぼちぼち報告します!

自作Mシャーシ(FF)製作録③

ギヤケースの選定と並行して行うのは…

③サスアーム選定

…これだ。タミヤのMシャーシといえば、極端に短いサスアーム…
なるべくこれを使いたくない!
でも他社製のミニ用ロングスパンアームは強度や部品供給に難が…

というわけで、
・ツーリングタイヤを前提にショートリバサスを使用
・ミニ用小径タイヤを前提にサスアームを自作
…この両者を両立させる設計にした(本当ショートリバサス専用設計だったが…)。

ショートリバサスを使う場合、車両の全幅が広めになってしまうので、
オフセット0,幅24mmのタイヤに限定される。それでも全幅168mm…厳しいなあ…

とりあえず脚回りとギヤケースが固まったので、詳細設計を行う材料は「一応」揃った。
やっとスタートラインだ。

自作Mシャーシ(FF)製作録②

レイアウトとホイールベースが決まったら次は…

②ギヤケース選定

である。

ろくに市販キットのシャーシを買ったことがないため、とりあえずタミヤの組説を眺める。
こういう時組説がホームページで見られるのはとっても便利。

候補は下記3点と思った。
・FF03用ギヤケース
・FF04用ギヤケース
・TA06用ギヤケース

TA06用はカバー周りの構造がよくわからなかったし、もともとベルト駆動用のプーリが前提だから…パス。

FF04用はすごく良いけど、個人的にはモーターがそこまで持ち上がってる必要性を感じない…

というわけで、FF03用を前提に設計する。

しかしこのギヤケース回り(フロントオーバーハング)の余裕がないことが設計を非常に困難にする。
アウトボードサスはギヤカバーまたはフロントタイヤ(舵をきったとき)に干渉する。
また、そもそもオーバーハングがボディに干渉する。

設計結果は後日アップしよう。。
この難しさこそが、楽しさでもあるのだ。



ギャラリー
  • 【製作】自作Mシャーシ②(MR,M・L寸)
  • 【製作】自作Mシャーシ②(MR,M・L寸)
  • 【製作】自作Mシャーシ②(MR,M・L寸)
  •  【製作】自作Mシャーシ①(MR,M・L寸)
  •  【製作】自作Mシャーシ①(MR,M・L寸)
  •  【製作】自作Mシャーシ①(MR,M・L寸)
  • 【構想】自作Mシャーシ⑦(MR,M・L寸)
  • 【構想】自作Mシャーシ⑥(MR,M・L寸)
  • シャーシ少改造
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
楽天市場
  • ライブドアブログ